アート展の設営(1日目) と 立体アート制作中

2008年04月27日

今日は、アート展の特設会場の設営をしました。

ここは、久留里アート展のアートワークショップでつくられる巨大アートを展示する場所です。
アート展の初日(5月3日)のワークショップでは、畳半分ほどもある12枚の台形の板に、作家さんと子供たちがコラボレートして絵を描き、それらを連結することにより、巨大なアート作品が誕生します。

なにぶん合計で6畳にもなる作品を屋外に展示するので、その支えも丈夫に作らないといけません。
こういう時に、ウチのNPOには心強いメンバー達がいます。
足場パイプ1

必要な足場パイプの数や種類をパパッと計算して揃えると、
"あ・うん"の呼吸で作業を進めます。

足場パイプ2

高いところも平気です。(僕は苦手なので…撮影、撮影)
ものの2時間ほどで完成させちゃいました。

***

一方、街中の別の会場では、立体作品の作家さんたちが、そこここで制作作業を開始しています。
その中の一つ、木炭を使った勝田徳朗さんの作品を制作途中ですが、ご紹介しちゃいます。

タマゴから

な…なんかイイでしょ。久留里商店街じゃないみたいでしょ。
さあ、ここはどこでしょう?(ヒントは背景の大きな瓦屋根です)

野外の立体作品は、その目線や、見る時間によって表情を変えるのが魅力のひとつ。
ぜひ、皆さんも自分の目でご覧になってくださいね。

***

午後は偶然、久留里にいらしていた、作家の姉川佳代子さんに急遽お願いして、
これまた巨大な作品を制作してもらいました。

姉川即興

この作品は、久留里商店街の入り口の道路4箇所に掲げることで、
フィールドミュージアムの表札看板の代わりもしてくれます。

***

今日は、朝から日没まで、盛りだくさんの一日でした。
そして…
「人の手で創り出せる可能性ってすごい。そんな人たちが集まってるんだから、久留里には、まだまだ、すごい可能性があるはず」と自信を深めた一日でもありました。


この記事へのコメント
皆さん頑張っていたのですね。
 感動でした。
  姉(0)さんには脱帽ですね。
   
Posted by 煙突男 at 2008年05月12日 03:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。