「里山の秋〜久留里まちなみ物語」開催!

2007年11月26日

倉庫内部

久留里の町をまるごと博物館に見立てて、この町の自然・歴史・まちなみをとことんご案内する「久留里フィールドミュージアム」。11月23日、秋のミュージアムイベント「里山の秋〜久留里まちなみ物語」が開催されました。


今回のイベントは「久留里城里山ウォーキング」と「まちなみツアー」の二つのツアーをメインとする構成。ツアーの他には、久留里商店街内での手作り品販売・版画展開催・雨城楊枝作り実演などが行われました。


寒さ厳しい中ではありましたが、多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました!


待ち合わせ

朝9時過ぎ。ツアーの集合場所となった久留里駅前・旧農協石造り倉庫。ウォーキング姿の方々が続々集まりつつあります。


ウォーキング出発

9時半、「久留里城里山ウォーキング」の出発時間となりました。久留里デザイニング研究会のスタッフ、また久留里まちづくりの会のメンバーを案内役に、また房総の植物にお詳しい藤平量郎先生を特別ガイドとして、久留里城址を目指します。


郷里出張

石造り倉庫そばにカフェ出現! 君津市向郷の古民家レストラン「郷里」による臨時休憩所です。おいしいコーヒーや紅茶でほっと一息。


倉庫内写真展

倉庫内には壁一面に写真が貼られています。久留里の名所・名物を撮った久留里写真展です。12月の「久留里にぎわい市」までこのまま掲示されている予定です。


版画展

久留里商店街では、もと瀬戸物屋であった河内屋をギャラリーとして、版画展を開催。木更津の版画サークル「彫音」のご協力により、「水の里久留里」をテーマとした作品を展示いたしました。風景・建物をきれいに彫り上げる技にびっくり、そして地元のまちなみが描かれていることに感動です。


雨城楊枝

もと旅館の大島屋の玄関では雨城楊枝製作の実演が行われました。雨城楊枝は久留里が誇る伝統工芸で、クロモジの木を削って作る細工楊枝です。


まちなみツアー

「まちなみツアー」は午前10時、午後1時、3時の3回開催。久留里城址資料館学芸員の布施慶子さんをガイドに、久留里の建物に秘められた技と歴史をたずねて行きます。今回は何と外からだけでなく、現在住居として使われているお宅の中までお邪魔して、建物を見学させていただくことができました。町内の皆様のご協力に感謝です。


佐野屋

「まちなみツアー」の途中、魚屋さんの「佐野屋」さんの店先にて、鯛のあら汁のお接待がありました。冷え込みの厳しい中、暖かな一杯に助けられました。ごちそうさまでした(^^)


今回のイベントでは、今後の久留里のまちづくりのために、ツアーに参加された方々へ、アンケートへのご回答をお願いしました。お叱りの言葉からお褒めの言葉まで、様々なご意見をいただきましたが、反省し、熟考し、次回の企画に活かしていきたいと思っています。


最後に、本イベントにご参加下さいました皆様、またご協力下さいました久留里内外の皆様に、心から感謝申し上げます。また遠方からはるばるこの小さな町に来て下さいました皆様、是非また久留里へ遊びにいらして下さいね(^^)/



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック