正源寺・加勢観音御開帳納涼観音まつり

2007年08月11日

正源寺山門

8月10日の夕刻より、久留里駅そばの正源寺にて、納涼観音まつりが行われました。8月10日は「四万八千日」という、この日にお参りすると四万八千日分の功徳を授かることができるという縁日にあたります。またこの日は、正源寺におまつりされている里見義堯公必勝祈願仏・加勢観音の年に一度のご開帳の日でもあります。山門にかかっている大行灯の絵は、加勢観音のお話を題材に描かれたものと思われます。


里見義堯は、戦国時代房総で活躍した里見氏の当主で、16世紀の半ば頃、久留里城を居城として小田原の北条氏と争っていました。この義堯の祈願仏・加勢観音の由来については、境内の解説板に、「小田原の北条氏が久留里城を攻めた際、義堯が観音像を背負って戦を開始したところ、敵陣の矢は味方には一本も当たらず、北条軍は敗走していったとのことです。義堯が観音像に手を合わせると、観音像の背中に矢が刺さっていました。「おお、加勢してくださった」それ以来加勢観音と呼ばれています」と記されています。


行灯

参道には行灯がともされていました。新町・下町のお祭りでは、子供たちの手により漫画のキャラクターの描かれた行灯が並んでいましたが、こちらの行灯は大人の手によるもので、久留里のまちなみや植物・昆虫が描かれています。


境内

境内では仲町町内会により、カキ氷やバーベキューがふるまわれていました。ごちそうさまでした(^^)


観音堂

加勢観音がおまつりされているお堂。加勢観音の像の制作年代は、平安時代までさかのぼると考えられています。


昼間の正源寺

夜の写真ばかりで、お寺の様子が伝わらないかとも思い、最後に日中撮った写真を掲載いたします。



この記事へのコメント
Sさん
取材にいらして頂きありがとうございました。

以前は子供の祭りとして開催していた観音祭りも、
子供が少なくなったため町内会主催となり、
やや寂しい気もしますが…。
それでも、昔と変わらずはしゃぐ子供たちや酔っ払い大人衆の笑顔を見ると、
これもこれでイイのかなって思いました。

ぜひ来年も遊びにいらして下さいね。
Posted by りう at 2007年08月13日 01:08
BBQごちそうさまでした。
6月からお祭り続きで、さらに各地で盆踊りもあるようですし、
久留里の人ってお祭り好きなのかも・・・と思う今日この頃です。
Posted by 研究会スタッフS at 2007年08月14日 21:08
すっかり縁日とほど遠くなってしまいましたが、
お祭りの写真を見て子供の頃を思い出しました。
やっぱりお祭りはいいですね♪

あと、久留里の歴史も非常に興味深いです。久留里城のこととかもっと知りたいですね〜(^▽^)
よろしくお願いします。(゚Д゚*)(。_。*)ペコリ
Posted by らいむ at 2007年08月16日 10:08
らいむさん、コメントありがとうございます。
大人になってから行くお祭りも楽しいものですよ(^^)
久留里の歴史については、すでに詳しく書かれているHPがたくさんありまして、
(<a href="http://www.asahi-net.or.jp/~ju8t-hnm/Satellite/Kururi/index.htm" rel="nofollow">雨城興廢記</a>や<a href="http://www.geocities.jp/marusyou03/" rel="nofollow">君津地方歴史情報館</a>など)
恐れ多くなかなか手を出せずにいます(^^;)
長い目でお見守り下さいませ・・・ (― ―)
Posted by 研究会スタッフS at 2007年08月17日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。